So-net無料ブログ作成

忙しかったってことですΣ(・ε・;) [読書]

今日は20世紀少年19巻の発売日!!!
無事、初回限定版を(σ.∀.)σゲッツ!!

さ~って、読む前に前の巻をチェックしよ~っと(桂小枝風)

・・・

o(._.= ._.)o キョロキョロ
(・ω・ )モニュ?
( ・ω・)モニュ?

・・・

Σ(゜д゜lll)ガーン

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

17巻しかな~~い(;´Д`)
18巻買ってなかったんかい!(;´Д`)
(((´.ω.`)カックン…

どうやら、忙しくて買いそびれていたようです。。。
というわけで、19巻はまだ読めず(;つД`)

ぽっぽないない [読書]

って使いますよね???(;・∀・)

・・・あれ?使わない(;・∀・)

いや、相方に使ったら知らなかったそうなので。。。
ググったら、結構引っかかるので、43家用語ではなさそうですΣ(・ε・;)
関西弁か???


今日は組合の企画「ライフプランのやってはいけない!」というのに参加。
広く浅くの内容だったけど、レベル的に程よかったせいか寝ずにすんだ(;・∀・)

保険についての基本的な考え方が一番役にたったかな?

終身保険、定期保険、医療保険、、、
それぞれの役割、特性、など学べました。

チェックシートで自分の加入している保険内容についてどこまで知っているか
を調べられましたが、全然覚えてない・・・(;´Д`)
というわけで、早速チェックしなきゃなりませんなぁ。。。Σ(^∀^;)


グラムロックの雄、Mボランシャウト再び

らしい。いや、注目すべきは、

出版では、漫画「20世紀少年」(小学館)の6月30日号にT・REXの代表曲「20th Century Boy」を収録、当時のジャケットを復元した8センチシングルをリリース。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
チェックしてなかたよ・・・(;・∀・)

早速Amazonでチェック!

20世紀少年 19 [特製CD付き]―本格科学冒険漫画 (19)

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
( ・ g・)うそーん
在庫切れやん(;´Д`)

まぁ、店頭で買えるでしょう・・・


というわけで、今日は早めに更新しました。

というのも、阪神戦が終わり次第、就寝。
そして3時半に起床します(^^)v

というわけで、ノルマも起きてから・・・


MOTTAINAI [読書]

またまた物欲がΣ(・ε・;)
saku x2 でPC用セガサターンコントローラが紹介されてましたが、
俺はこれが気になったよ・・・Σ(゚Д゚;エーッ!


今日17日の「八重山・ジャパン」(左のサイドバーにリンクあります)のコラム、
ちょっと感動ものですよね。
同じような思想の人って、結構いたりするんじゃないでしょうか?
コラムのようなアナログな感覚って、すごく日本的だと思う。
わび・さびというか。

もったいない

もったいない

  • 作者: プラネット・リンク
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2005/06/02
  • メディア: 単行本

ちょっと話題の本です。
上のコラムとちょっとリンクするかな?と思いました。

ちなみに英語でなんていうのかな?と思って調べてみました。
時と場合によるみたいで、単語としてはないんですね。
普段、どちらかというとケチ臭くイメージの悪いこの単語が、
海外で新鮮に、そしてすばらしい精神として取り上げられているんですね。
おもしろいなぁ。

いかんいかん、サッカー観ながらなので、全然まとまらないΣ(・ε・;)

土曜日、部屋の整理をしようと思っています。
先の、「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」で、捨てる技術、なんて
話が載っていましたが、もったいなくて捨てられないんですよねぇΣ(^∀^;)


今日の成績:
47分
2114歩
300Kcal

 


会計学 [読書]

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学

  • 作者: 山田 真哉
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2005/02/16
  • メディア: 新書


友人に借りた上記の本を、ステッパーしながら読みきりました( ゚Д゚) ムホー
はい、僕にためになることがたくさん書いてありましたよ。
ありがとう!準ちゃん!
にしてもタイトルが(・∀・)イイネ!!
読みたくなったでしょ???

( -人-).。oO(・・・・・・)
私の借金繰上げ返済をどうするか、、、
本には、
「個人の場合、いくら負債が多くても、すぐに支払うべきものでなければ
  気にする必要はまったくない
と書いてあるし、
「私は「繰り上げ返済」や「保険の見直し」を否定するつもりはまったくない。
  必要であれば、どんどんすべきだと思う。」

とも書かれてあるΣ(^∀^;)

ちなみに借金とはずばり奨学金です、はい (。・x・)ゝ



さて、本題とは関係ないのですが、本書の中で興味深い一文を発見!
平野秀朗氏が登場しているではありませんか!!! 発見(*゚Д゚) ムホムホ
エイリアン2を74回見た話は今でも語り草になってますΣ(^∀^;)
って、この著者、もしかしてサイキッカー※か!?!?
 ※ 誠のサイキック青年団、を愛聴する人たち
      もちろん、私は中学生からサイキッカー


今日の戦績:
49分
303Kcal
2170歩


ベル薔薇読破! [読書]

ようやく終焉いたしましたΣ(・ε・;)
と入っても、本編のみですがΣ(・ε・;)
あと外伝が1巻あるので、時間があれば読みきりたいと思います。

感想は・・・

物語を読み終えてわかったんですが、この物語はオスカルという架空の人物を
現代人、つまりは読者と同じ目線、価値観を持たせることで、
フランス革命当時の王家、貴族のある種異常な価値観を際立たせているのだなぁ、ということです。
そして、そんな異常な価値観を持った奴らを異常だと気づいているオスカルに
とても感情移入してしまうのも無理はありませんね。
また、作者の池田理代子先生の代弁者ともいえるのでしょうか。

そんなオスカルの忠告を聞かないマリーアントワネットにどれほど、
「おいおい、はよ気づけよ~~~(;´Д`)」
とヤキモキしたことでしょうか。
本当に市民の貧しい生活を全く知ろうとしないんだから。。。
# まぁ、日本の政治家も同じ感覚なのだろうけど(;´Д`)
せっかく、あんなに魅力的なのに勿体無い。
まぁ、現実のマリーアントワネットにはそんな忠告者がいなかったはずですから、
あのような結末になって当然であったわけですね。

個人的にはやはり男だからというのもあるのでしょうが、
マリー&フェルゼン、アンドレ&オスカルの恋物語も魅力的ではあるけれど、
歴史そのものに興味が行ってしまいますΣ(・ε・;)

そういう意味でも、フランス革命後、つまりはベル薔薇以後を描いた
エロイカが読みたくなりましたΣ(^∀^;)
そしてベル薔薇でも一場面だけ登場するナポレオンのことを知りたいな、と思いました。
旅行前にはモムーリ!o(゚Д゚)っですが帰ってからじっくり読みたいなぁと思っています。

キャラクター的にはアンドレに感情移入してました(・∀・)
素直にカッコいいっす。性格が好き。
女性では普通にロザリー(・∀・)モエッ そういやエロイカにも出てくるし!
あと、ルイ16世!!!お前はなんでそんないい人なんだ(;´Д`)

というわけで、非常に楽しませていただきました。おもろかったです。
女性版銀英伝ってとこなのかなぁ、とふと思いました。
そういや、銀英伝も中途半端で読みきっていないので、読みすすめたいですね!

と、読書虫の血が久しぶりに湧き出てきた今日この頃です (  ̄ー ̄)

 

P.S.

そうそう、昨日行ったダイソー@町田ですが、会社の先輩@町田によると、
日本一大きいそうですΣ(゚Д゚;エーッ!
どうりででかいわけだ(;・∀・)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。